「お前は何をしたいんだ?自問自答の答え」

人生は選択の連続だ。みんな正しい選択をしようとするが、
   実は正しい選択なんてないのかもしれない。
   「正しかった」ってことを自分自身に証明する努力を惜しまないだけだ。
   問題は後悔しない選択をすることじゃなくて、
   その選択を肯定して生きていくこと。
   「地球探検隊」隊長 中村 伸一(著)「感動が共感に変わる!」
   http://qq4q.biz/yMqg

こんにちは、「地球探検隊」隊長の中村です。

久しぶりに反響があった事故報告と今の気持ちを綴ったメルマガ、
フェイスブック、それにブログ。
帰国した翌日から、一つ一つの言葉にたくさんのパワーをもらいました。
応援メッセージを一部blogでシェアしましたのでご覧ください。
「応援メッセージにPC前で泣いた!」
 http://ameblo.jp/expl/entry-12202779676.html

また、事故のあった「内モンゴル騎馬遠征隊」に参加した
リピーター隊員Nobuが、こんな素敵なコメントを
フェイスブックに投稿していました。
「我々が忘れかけていたもの」
 http://ameblo.jp/expl/entry-12203928938.html

地球探検隊の一番の自慢は、お客さんです。
「地球探検隊のブランドはお客さんである隊員が創っている」
改めてそう思いました。
本当にありがとうございました。

今回のことがきっかけで一番考えたのは、
「おまえは何をしたいんだ?」ということです。

そもそも日本の旅行業界のあり方に疑問を持ったから
起業したのではないか。
一般にはクレーマーが多いと言われている旅行業ですが、
地球探検隊では、ほとんどクレーマーはいません。
クレーマーがいないのは、参加者一人一人が自己責任の旅だと
理解した上で参加しているからです。
「地球探検隊の旅のコンセプト」25箇条
http://expl.co.jp/71927/explorer/chikyutankentai/otona-no-teigi/

「地球探検隊」では、お客様は神様でなく、友達であり家族。
日本特有の文化、「じゃんけんのあいこ」のように、
心通い合う「お互い様」の気持ちで隊員と付き合ってきました。

結果論の「たら、れば」で仮定して言われたら、
原因はいくらでも作り出せるし、誰のせいにでもできるのです。
それでは何の解決にもなりません。
旅行会社にクレームをつける人の頭の中は、
勝ち負けで考える「競争」です。
自分以外の他人をどれだけ楽しませるかを考える
「地球探検隊」隊員は、「競争」ではなく、「協奏」や「共創」の
世界観で動いていると思います。
それが、一緒に体験して感情を共有し、
みんなで「旅」を創っていくことなのです。

一般的な「旅行」は、
自らを守ることばかり考え、リスクヘッジやリスク管理が行き過ぎて、
面白くなくなっていると思います。
あれもこれもダメと管理されては、ワクワクしないですし、
日本では常識の「旅程保証」なんて世界から見たら非常識です。
何でもそうですが、保証するから面白くなくなるのです。
人生も同じだと思います。
明日死ぬかもしれないから、
今日を精一杯生きようとするのではないでしょうか?
「旅」も、次に何が起こるかわからないからワクワクするのです。

もっとワクワクしたい・・・。
もっと、旅行業の枠を超えていきたい。

「おまえは何をしたいのか」
それは、旅で人を元気にしたい、ハッピーにしたい!

そこを突き詰めると、
私の夢は旅行業をやめることになりました。
旅で人を幸せにするには、旅行会社はいらないのです。
そこで旅行ビジネスから会員ビジネスに変えたいのです。
魅力的な会員組織にするには何が必要なのか考えました。

その一つが、会員同士が交流できる「コミュニティ・アプリ」です。
アプリで、個人の旅の企画者、ガイド、アウトドア会社、
NPO法人、行政などと顧客を直接つなげたいと思っています。
まさに友達同士でイベントや旅にいく感覚です。
最終目的は一切、
旅行会社が介入しない新しい世界を作りたいのです。
経費を考える最少催行人数もなくなりますし、
企画者が値付けをして、気に入った旅やイベントがあれば
私は自腹を払って参加します。

最近ますます「地域活性化に協力してほしい」
「旅行業の登録はないので、探検隊と一緒にコラボできないか」
という問い合わせが増えています。
そこで考えました。
もし、会費だけで運営できる会員組織にすれば、
旅の一つ一つから利益が必要なくなって
みんながハッピーになると。
たとえば「コミュニティ・アプリ」の中のトピックスは、
「地域おこし探検隊」「人生で最高の一日」「永遠の一瞬」
「トラベルメイト募集」「安くて旨いお店・・・」
そのトピックスに興味の持った会員同士で旅やイベントを
自由に楽しむことができたら、
日本で一番安く面白い旅やイベントができるはずです。
アプリ内のトピックスも会員たちから、どんどん提案してもらい、
みんなが主役になって、全員で盛り上げていきたいのです。
まさに「みんなの旅」です。

誰でも得意、不得意があります。それがジグソーパズルを
埋めるように、補完しあえば上手くいきます。
根底にある思いは、誰もが人の役に立っている、
必要とされると感じることが
一番幸せを感じるということです。
「究極の自己満足」と言ってもいいと思います。
それで、一人ではできないことをする、
普段できないことをすることを実現させたいのです。

一人一人がもっと輝くために、ワクワクするために、
もっと笑い合うために目指すのはトータルサティスファクション!
他者支援を意識した相互支援です。
それには会員が1,000人いたら、自分以外の999人に
自分に何ができるか考える・・・
そんな理想の組織をつくるために、
あなたの力を貸してくれませんか?

交流が活発になるように、新たなトピックスを立て、
会員がリアルで会うイベントを企画して、
全力でサポートしていきたいと思ってます。

その旅やイベントは、面白いのか面白くないのか、
タメになるのか、役に立つのか・・・
人生は冒険です。大人になっても、遊びは必要です。
どんな状況でも、学びと成長を目的に、探検隊風に言えば
「遊学(旅学・旅育)」の視点で、
会員組織「みんなの旅」を運営していき、
これからの地球探検隊は、今までにない私らしいやり方で、
みんなの役に立つ、必要とされ続ける存在になるように邁進します。

趣旨に共感してくれた方、まずは、会員登録をお願いします。
「みんなの旅」会員登録はこちら
http://expl.co.jp/71927/exmember

「地球探検隊TV」動画配信やメルマガで
進捗情報をどんどん発信していきます。

毎月会費1,000円(税別)の年間契約で、どこまでのことができるか、
何があっても、あきらめずに、
今月中には、「コミュニティ・アプリ」を本格始動できればと思っています。
共に、笑顔でいっぱいの充実した人生を!

「地球探検隊」隊長 中村 伸一

■中村隊長の公式ブログ【ビタミンT】
 http://ameblo.jp/expl/
■Facebook(フェイスブック)
 http://www.facebook.com/nakamura.taicho


年間スケジュール http://expl.co.jp/71927/explorer/schedule/

10/10(祝・月)日帰りの旅、山梨県 
初企画、「山歩き&フォト ステップアップ実践教室」催行決定!

今月のジープ島、「地球探検隊貸切決定」、
できれば定員満席15名で行きたい!

モロッコ(サハラ砂漠)の旅、
11月に加えて、年末年始にも追加設定!

A日程(※10月15日募集締切)
日程:2016年11月6日(日)~ 11月12日(土)7日間
日本発着最短日程
2016年11月5日(土) ~ 11月13日(日)9日間

B日程(※11月29日募集締切)
日程:2016年12月25日(日)~ 12月31日(土)7日間
日本発着最短日程
2016年12月24日(土) ~ 1月1日(日)9日間

年末年始は、アフリカ大陸最高峰キリマンジャロ登頂か
モロッコ(サハラ砂漠)か、
先に「催行決定」できたほうに同行します。中村隊長

みんなの声 http://expl.co.jp/71927/explorer/voice/
目的別ツアー http://expl.co.jp/71927/explorer/mokuteki/

ますます盛り上がりを見せる地球探検隊主催イベント、「旅パ!」
今月はアラスカから現地ガイド、マサ安藤さんがやってくる!
この機会に是非!予約受付中!
 Http://expl.co.jp/71927/explorer/event/

「旅パ!」の様子は、イベントblogをご覧ください。
「愛すべきクレイジーな人たち」
 http://ameblo.jp/expl/theme-10000099322.html