告知

ちょっと早めに告知!

すでに来年9月のカナダ・ユーコン川カヌー160kmの旅に
参加表明している「みんなの旅」会員がいるので、
ちょっと早めに告知!

http://expl.co.jp/71927/otonashugaku/201709canada

今日はこれからカヌーイスト、野田知佑トークショー&サイン会!

http://ameblo.jp/expl/entry-12219111186.html


一昨日に続いてメルマガ1万人に発行!

一昨日に続いてメルマガ1万人に発行!

そして、会員組織「みんなの旅」会員募集blog更新!
世界一、面白い、クレイジーな人の集まる「みんなの旅」会員に!


http://ameblo.jp/expl/theme-10094192779.html


インスパイアされたのは、読了した笹本稜平(著) 「未踏峰」
そして、「ドリプラ」コメンテーター(審査員)仲間でもある、
小田真嘉さんの、この言葉に、本気スイッチON!
会員組織の基準を「世界一」に上げて
「世界一面白い!楽しくて愛すべきクレイジーな仲間とつくる会員組織」
として、自分で自分を盛り上げたら、熱くなって長文になってしまった・・・


 小田真嘉の <成長のヒント>
 もし、自分には 天から授かった使命があるとしたら
 ・それは、どんなお役目なんだろうか?
 ・今の仕事を通じて、そのお役目に取り組んでいるだろうか?
 ・自分の命をフルで使えているだろうか?
 誰かと比べたり、比較して
 「あぁ、自分はできていない…」
 と少しでも落ち込んだり 今の延長線上の将来を考えたときに
 「これから先、私は大丈夫かな…」
 と少しでも不安に襲われるなら 使命から遠ざかっていて
 今の仕事に不完全燃焼かもしれない。
 現状や環境、今までやってきたこと
 能力やスキル、抱えている問題などは
 いったん全部、横に置いておいて
 自分で自分を盛り上げていくことが大事。
 「さぁ、どうせやるなら(せっかくなら)
  何を目指して、どんな挑戦をしてみる?」
 と基準とテンションをあげる。
 「みんなのために、私は何ができるだろうか?」
 と問い続けて、自分の出番を探求していく。
 そうしていけば
 自然にお役目が向こうから飛び込んできて
 今の仕事に、自分の命が宿るような 燃える働き方ができる。
 そういう人が結果として
 周りにいい影響が広がっていき 使命を果たしていく。


 小田真嘉

今年の江ノ島アウトリガーカヌーの感想をまとめた。

今年の江ノ島アウトリガーカヌーの感想をまとめた。

ヒロさん、シェキ、あさみ、こまT、まさこ 
ありがとう!

http://ameblo.jp/expl/theme-10059503184.html


10月に参加した隊員たちの要望により、今月もやります。
参加者募集中! 11月20日(日)、11月23日(水・祝)
どちらも催行決定! 俺が同行する!


http://expl.co.jp/71927/explorer/domestic/enoshima/
「地球探検隊」隊長 中村 伸一



来年もやります!!!

来年もやります!!!

東京から富士山頂を目指す旅!<富士講>

2017年は8/11(金・山の日)~15(火)5日間予定。
2年前 俺は東京・明大前から3日間で100km歩いて
富士山登頂した6泊7日の旅をしたが、
今年の隊員たちは、2泊3日で海抜0mから富士山頂を目指した。
それぞれの旅に思い入れがあるはず。
共通しているのは、「人に話したくなる旅」ってこと。

そこでガイドうめちゃん 梅井 雅行 (Masayuki Umei) と
過去の参加者と未来の参加者をつなげる交流会を企画した。
今まで<富士講の旅>を応援してくれた人も、この機会に参加してほしい。
新潟からガイド梅ちゃんもやってくる。


もちろん俺も参加する。

興味のある人は是非!

地球探検隊主催、スペシャル「旅パ!」

富士山を語る日 「富士山チャレンジャーの集い!!!」

11/27(日)18:00~20:00

詳しくは、コチラ

http://expl.co.jp/71927/explorer/event/fujisan/

地球探検隊 地球探検隊って?思ったそこのあなた

地球探検隊 地球探検隊って?思ったそこのあなた

【まずは旅パ!(イベント)に参加しよう!】

次回は9月27日(火曜日)19時半~!

毎月旅好きが集うパーティー、“旅パ!”

地球探検隊の扱う
【多国籍ツアー】【大人の修学旅行】【みんなの旅】
【海外ツアー】【国内ツアー】【旅】etc…に興味のある方、
旅が好きな方、旅話で盛り上がりましょう!★



http://expl.co.jp/71927/explorer/event/

カナディアンカヌーで下るユーコン160Kmの旅

カナディアンカヌーで下るユーコン160Kmの旅
~黄葉・原野キャンプ・釣り・オーロラ~

秋の紅葉・黄葉に染まるカナダ・ユーコン川を2人乗りのカナデイアンカヌーで下る旅。 レイクラバージュからリトルサーモンまでの160kmです!ユーコン 川をカヌーで下る旅は世界中のカヌーイストの憧れでもあります。だからといって経験者だけが行けるルートではありません。広く緩やかな流れなので、初心者 でも安心してゆっくりと進んで行きます。川の流れに身を任すと、葉と葉が擦れあう音が聞こえるくらい静寂の世界。そんな場所で焚き火を囲みながら仲間と キャンプします。この時期になると蚊もいません。釣りを楽しんだら、釣ったばかりの魚をガイドが料理してくれます。ガイドの料理はアウトドアとは思えない ほど美味しくて、ダッチオーブンでデザートまで作ってくれます。秋のユーコンはほとんど人と会うことがありません・・・野生の熊、ムース(ヘラジカ)、ヤ マアラシ、ビーバー、白頭鷲・・・ラッキーな人は夜空に輝くオーロラだけでなく、川面に映るオーロラも見られます。

「地球探検隊」隊長 中村 伸一

<中村隊長のユーコン川・旅ブログ>

http://ameblo.jp/expl/theme-10044296631.html

今日のお客様です!

今日のお客様です!

かくめい主犯 鯉谷 ヨシヒロさん
http://かくめい.みんな/?team=yoshihirokoitani00001

2015年グランドサークル参加のゆうこさん☆彡

またコーヒーのみに来てくださいね☆

グランドサークルの動画はこちら
https://youtu.be/j5JR46vX7N4

9月のグランドサークルも募集中です!
http://expl.co.jp/71927/otonashugaku/201609gc/



地球探検隊の代表的なモンゴルツアーを はじめ国内ツアーもまだまだ募集中!

地球探検隊の代表的なモンゴルツアーを
はじめ国内ツアーもまだまだ募集中!
☆【催行決定】☆
モンゴル騎馬隊結成 (ウランバートル・外モンゴル)
2016年8月2日(火)~2016年8月7日(日) 6日間
☆【催行決定!】☆
モンゴル騎馬遠征隊 ~ホンゴルアイル7日間の旅 ~ 
2016年8月10日(水)~年8月16日(火)7日間
☆【あと1名で催行決定!】☆ゼロからの挑戦!
「海抜0mからの富士山登山」2016
2016年8月11日~13日 2泊3日
☆【催行決定!】☆「山歩き&フォト ステップアップ実践教室」
2016年8月21日(日)
一緒に行きましょう!
詳しくは 地球探検隊 schedule で検索☆

地球探検隊 http://expl.co.jp/71927/explorer/schedule/

ただいまー!昨日の深夜、「内モンゴル騎馬遠征隊」の旅から 帰国した

ただいまー!昨日の深夜、「内モンゴル騎馬遠征隊」の旅から
帰国した。
今回の旅では、本当に死ぬかと思った。
初日、「隊長、手綱引き過ぎ」と日本語通訳ガイド、
スチンさんに言われ、手綱を緩めた途端、馬がまさかの大暴走!
登りは問題なかったが、下りを、あのスピードで駆け下りたことは
なかった。思わず右手で鞍を掴むと左手だけでは止まらない。
引いても引いても、興奮した馬が猛ダッシュで走る。
登りで馬のケツを叩いたオレが悪いんだけど(笑)・・・
フェンスが近づいてきた、ぶつかると思った瞬間、
馬が90度のクイックターン!オレは飛ばされフェンスにダイブ。
隊員たちは、「隊長なら大丈夫!」って全く心配してなかったが、
オレはマジで死ぬかと思った。笑
しかも、奇跡的に無傷だった。
全身打撲したのに、翌日から痛みが消えていた。
「隊長、笑いをとるための命がけの仕込みですか?」
「仕込みじゃねぇし!笑」
初日に俺が派手に落馬したことで、その後は誰も落馬しなかった。
「隊長のおかげで緊張が解けて、リラックスして乗れました」
「今日が人生最後の日だと思って瞬間、瞬間を生きよう!」
だから、どんなことも笑いに変えよう!
たぶん、あの大事故につながる出来事を笑いに変えられるのは
世界でオレだけだ。笑
もっと、人と笑い合おう!
今回も笑いの絶えない探検隊らしい旅ができた。
生きてる事、生かされてることに感謝!
自分を、家族を、隊員たちを、関わる人を笑顔にするために、
この命を使い切ろう!
追伸:今回もモンゴル人と競馬して4年連続の勝利!今回も
初めて乗馬する隊員たちと走りに走った!
これだけ草原をかっ飛ばせるのは、間違いなく探検隊の旅だけだ!

「パパ!久しぶりにヒグラシの声が聴けて、自然の中に

「パパ!久しぶりにヒグラシの声が聴けて、自然の中に
いる感じで凄く良かった。海風も気持ちよかったよ。
ありがとう!」と、喜ぶ娘たち。
一日とはいえ、父子家庭になって初めて家族で旅ができた。
昨日はモンゴルから帰国した翌々日にもかかわらず
娘たち2人を含む隊員たちと江ノ島アウトリガーカヌーを
楽しんだ。我ながらタフ!
今回は親子参加が多かったので参加枠を広げて3艇限定15名。
転覆しないうように2艇をつないで子供たちを乗せた。
夏休みの半日コースとあって、親子参加が多かったのだ。
2002年「大人の修学旅行」キャンピングカーでフロリダ
一周に参加した隊員エミから、親子参加リピーターの
マサヤ、すーさん、そして、今回初参加の
シェキまで新旧隊員交じって親子で参加してくれた。
一人参加は、リピーターの艦長、まなぶの2人だけだった。
やっぱり子供たちのリアクションっていいね。
最初は緊張していた子供たちも、
時間が経つにつれて、どんどん笑顔になっていった・・・。
親子で行ける旅を増やしてい行きたい。
「江之島亭」のランチは3人でシェアして食べた。
一口一口、満足そうに食べる娘たちを見ているだけで
幸せな気分になる。久しぶりの日本食に泣きそうになる俺。
旨い!旨すぎる!やっぱ和食が世界一だね。
最後は甘味処、「中村屋」で締める!
半日コースとはいえ、思いっきり充実した一日だった。
ドア to ドアで江ノ島から自宅まで二時間半。
帰宅すると、すぐに夕飯の支度。
一日はあっという間だ。
素敵な写真をたくさん撮ってくれたのは、隊員まなぶ。
Manabu Eva Takekawa
いつもありがとう!まなぶ。

  • 最近の投稿

  • みんなの厳選写真館